力でねじ伏せるか愛で満たし合うか

賢明な選択をしたいですね

お互いが惹かれあう引力

by sacseg - 10月 31st, 2013.
Filed under: 相性.

先ほどの母と父は何も特殊なケースではない。多くの夫と妻は、とても違った性格をしている。ある人は外向的、社交的、楽観的で、楽しむことが好きだ。他の人は、荘重、もの静かで、保守的、悲観的、文配的で、暗い。その違いには限りがない。私たちの性格は、遺伝子に組み込まれた欲求の強さと弱さの組み合わせからつくられ、各人にとって特別なものである。先ほどの夫婦のような組み合わせは、互いに衝突する。逆にとても相性が良い夫婦もいる。違いが二人の関係を強化する場合もあるだろう。しかし多くの夫婦を観察するかぎり、性絡の似た夫婦が一番うまくいくようです。あの父は所属の欲求が強く、力の欲求が低い女性と結婚していたら、もっと幸福な人生を送っていたことであろう。母は力の欲求が限界を越えるほど強く、相手を所有しているかぎりは、強く愛することができた。母には、愛と力を分離することができなかった。こうしたことは、私たちの欲求の強さには個性があることの顕著な例でありますね。ある程度は相手に合わせて変化させることは可能なんでしょうが、根本的な部分は難しいのかもしれません。ということであれば、出会った時のときめきや強烈な刺激にだけ目を奪われてしまうのではなく、しっかりと冷静に相手の性格を理解することが永続的な関係を築くにはとても重要なことかもしれません。ただそれは非常に難しいことですが。男女が出会った時のお互いが惹かれあう引力というのは凄まじいものですからね。それが多くの人たちの判断を誤らせてしまうのでしょう。
何だかセックスしたい

Leave a Reply