力でねじ伏せるか愛で満たし合うか

賢明な選択をしたいですね

性格の違いは兄弟や姉妹でも顕著

by sacseg - 10月 29th, 2013.
Filed under: 性格.

性格の違いは、五つの基本的、あるいは遺伝的欲求の強弱の違いによる。ある人は愛と所属の欲求が強く、他の人は力と自由の欲求が強い。それぞれの欲求の強さは、誕生時に決まっていて、変化することはないのではないかと感じてしまう。自閉症の子供は、ほとんど存在しないかのような低い愛と所属の欲求しか持っていない。彼らは人との接触をほとんど持とうとしないし、多くの人が求めている親しい関わり方を求める気持ちはなきに等しい。人とのふれあいの機会が与えられれば、少しは他の人との関わり方を学ぶかもしれないが、普通の子供や大人が求めるようなものではない。愛の欲求の欠如についてはいうまでもなく、所属の欲求の欠如は、ダスティン・ホフマン主演の映画「レインマン』ではっきりと例証されている。愛人との関わり方と所属の欲求の高い側の端っこには、親切で、利他的な人がいる。与えられたものに比べて大したお返しができない大きな欠陥を持つ子供や大人に対して、彼らは思いやりと愛を示す。人々の性格の違いは、兄弟や姉妹の間であっても、顕著でありますよね。

Leave a Reply