力でねじ伏せるか愛で満たし合うか

賢明な選択をしたいですね

離婚

by sacseg - 10月 27th, 2013.
Filed under: 相性.

父はこう話してくれたという。彼が医学部に進み、父の仕事を引き継ぐこともなくなったので、これ以上働く理由はないと感じた。あらゆることを考えて、母の言うことに同意し、フロリダ行きを楽しみにしていた。事は順調に進んでいるようだった。しかし、父が母の意見に合わせて、事業を売却し、家を売りに出そうとしていると言った日に、母は父に言った。「どうしてそんなことをしたの。私がクリーブランドを離れて、フロリダに行きたいなんて、どうして思ったの。私はこの家からも、友達からも離れたくないわ」クリーブランドに母の友人などいなかった。母はすべてを父のせいにしたのだ。自分への相談はなかった。引っ越す気はないと母は言った。どうすべきか、父は私に尋ねた。彼は長い間考えて言った。「お父さんはまだ四十六歳だよね。これから三十年は健康な生活を送ることができる(実際、父はそうした)。離婚したらいい。お母さんはこれからも変わらないよ」父は、彼からこのような忠告を聞くとは思っていなかった。しかし、もう一度聞かれても、同じことを言ううだろうということだった。

Leave a Reply