力でねじ伏せるか愛で満たし合うか

賢明な選択をしたいですね

我慢していたこと

by sacseg - 10月 26th, 2013.
Filed under: 相性.

両親は、父が亡くなるまで、ほほ七十年間結婚生活をともにしていた。当時、まだ離婚は少なかった。父が我慢していたことを例証するために、次のようなをことを話してくれた。彼が二十歳のとき、すでに結婚をしていたが、医学部での学びを始める前に、父は彼に二人だけで話をしたいのでアパートに来たいと言った。そんなことははじめてだった。その声の調子からして、個人的なことだと思えた。父は限界に来ていた。母がいつものとおり何かをしでかし、今度ばかりは母も行き過ぎてしまったようで、父は自分がどのように対処してよいか分からなくなったのだ。父は彼の所に行って、とうしたらよいか彼に尋ねた。二人は、毎年冬になるとフロリダで過ごすのが、恒例になっていた。長い間、母は父に事業を売って引退し、フロリダに移住しようとしつこく言っていた。母はクリーフランドの寒い土地が嫌いだった。父はまだ四十六歳だったが、十三歳から仕事をしていたので、引退することは可能だった。父は仕事がもたらす自由を捨て、母が認めた何人かの友人から離れることに不安はあったが、事業を売り、家を売りに出して、フロリタに移る準備をしたのです。

Leave a Reply