力でねじ伏せるか愛で満たし合うか

賢明な選択をしたいですね

発汗が走ることの原因ではない

by sacseg - 10月 24th, 2013.
Filed under: 常識の檻.

「どうしてそんなに汗をかいているんだい」彼はあっけにとられてこちらの顔を見る。「僕は真剣なんだ。どうしてだい」彼は答える。「走っていたのさ。誰だってこんな日に走れば汗をかくものさ。走ることと汗をかくことは同時に起こるものなのさ」「同時に起こることは否定しない。しかし、なぜ走ることが発汗の原因だととらえるのかい。なぜ発汗が走る行為の原因だとは思わないのだね」ある理論について知らない彼は、まるでこちらが狂っているかのようにこちらのほうを見てこう言う。「何を言いたいのか、俺には分からない」そのとおり。私たちは、支配型コントロールの考えに慣れきっているので、走る行為と発汗のように、物事が同時に起こると、しばしば一つがもう一つの原因であると言う。しかし六つが同時に起こっていても、とちらかが一万の原因になっているわけではない。人が落ち込みを選択するとき、落ち込みが通常の感情となる全行動を選択している。発汗が走ることの原因でないのと同じように、脳内化学物質が落ち込みの原因ではない。落ち込みを選択すれば、脳内化学反応という生理反応があり、走ることを選択すれば発汗という生理反応があるということなんですよね。

Leave a Reply